Froh:アウトドア登山総合情報サイト アウトドア用品通販 アウトドア施設,ガイド,イベント情報

Outdoor survival Gear & Climbing Gear Mountaineering, Travels, with Froh.TV

ブランドメニュー
ショッピングメニュー
  • プライバシーポリシー
  • 保証や返品について
  • 特定商取引に基づく表示
現在地
  1. トップページ
  2. 総合NEWS
  3. ニュース ジャンル
全54件 ページ:
1  2  3  4  5  6  

2016年11月24日

富士山160kmレース日本最大級のUTMFへ出場

富士山の麓で開催される日本最大のトレイルランニング大会「ウルトラ・トレイル・マウント・フジ(UTMF)」。全長165キロ、累積標高7500メートルという壮大なレース。

1

 

このレースを妻が走り、夫がサポートするという形で私たち夫婦は過去3回挑戦してきました。

1-2

 

今年で4回目、悲願の優勝を目指して、今回は心強い相棒「キャデラック SRX crossover」と共にチャレンジです。2

 

UTMFでは165キロを選手が走りきるため、様々な装備や食料を車に積んでエイドステーション(給水所)へサポートスタッフが先回りし、選手を迎え入れ、食事や装備の入れ替えを行い、また送り出すということを繰り返します。

3

 

そのため、サポートをする際の車としては大きなラゲッジスペース、それから悪路走破性の高さ、長時間の運転でも快適というところがポイント。(本レースの制限時間は48時間、選手はひたすら走り続け、サポートもそれにあわせて移動し続けます。)

3-2

 

今回のレースは過去に例のない大雨。様々な調整が大会運営サイドでなされ、最終的に165キロから45キロと、大幅に短縮されたコースでの開催となりました。予想だにしない展開にしばし呆然としつつも、気持ちを切り替え、またこんな状況でも大会を開催してくれる大会事務局やボランティアスタッフへ感謝し、レースをスタートしました。

%ef%bc%94

%ef%bc%95

 

レース中、大雨は強まる一方のタフコンディション。我々サポートスタッフにとっても非常に厳しい状況でした。

%ef%bc%96

 

しかし、「SRX crossover」の低重心設計や大口径キャリパーを用いたブレーキのおかげで、移動については全く不安を感じることなくスムーズ。また、大きすぎない車体やハンドルの動きに追従するヘッドライトも山間部に入る際などは非常に助かりました。

%ef%bc%97

 

何度か妻の走る姿を先回りして確認はできたものの、このコンディション。どこで何が起きても不思議ではありません。吹きすさぶ風と雨の中、祈るように最後はゴールで待ちました。

%ef%bc%98

 

最終的に妻は無事に帰ってきてくれ、昨年と同様6位でのフィニッシュ。悲願は来年に持ち越し。

しかし、レース後も「SRX crossover」はすぐ温まるシートヒーターで冷え切った妻をすばやく温めてくれ、気持ちも体調も持ち直すことができました。また、来年、気持ちを新たにチャレンジしていきたいと思います。

%ef%bc%99

 

今回は山でガンガン使うSUV本来ともいうべきシチュエーション、そしてトレイルランニングという競技において、キャデラックブランドの持つ快適性は大きなアドバンテージがあると感じました。

 限界にチャレンジする際には、身を預けられる信頼のおけるものを。

SRX crossover」は、そんな期待に確かに答えてくれる一台です。

10

 11.jpg

2016-srx-exterior-tojustletgo-960x400

タグ:
UTMF,トレイラルランニング

2016年8月25日

日光国立公園マウンテンランニングの プレス発表

1.jpg


2.jpg






昨日は日光国立公園マウンテンランニングの
プレス発表を行いました。
.
早速、下野新聞社の方で本日の朝刊に掲載していただいております。
.
選手の予約状況も約200名近い方々に参加をしていただけており、とても嬉しく思っております。まだ、選手枠はありますので興味のある方はぜひご参加ください!
.
記者会見後は、その足で警察署関係と打ち合わせを行い
夜から実行委員メンバーと全体ミーティングを行わせていただきました。残すところ2ヶ月となりましたがやれることをみんなで分担して日光を盛り上げていこうと思っております!!
.
チラシも三日前に仕上がったのでみなさんに共有します〜
ぜひ、一緒に盛り上げていきましょう!!
.
その他にも、今回は日光東照宮前の表参道にてアウトドア関係者などのブース出展を考えておりますので出展に興味のある方は、佐々木までぜひご連絡お願いいたします!
.
ボランティア!マーシャルランナー!スイーパー!のみなさんも絶賛募集中でございます!!!

公式HP:http://www.nikkorun.com/
チラシを配っていただける方はこちらダンロードしてください。
http://22.gigafile.nu/0901-k94001e78cbeaf757a2d6578f03fbc963


タグ:
日光国立公園マウンテンランニング

2016年8月14日

【100均で買える秀逸アイテム!!電池残量チェッカー!】

IMG_0427.JPG

山登りの準備の際に
前回使った電池ってどうしてますか?

常に新しい電池に変えてしまったり、
とりあえず入っている電池をそのまま持っていたりなど、、、

意外と電池代って安くないですよね。
そんな時に活躍するのが電池残量チェッカーと言われる機器です。
これは、近くの100円ショップなどでも売っているものなので
簡単に手にいれることができます。

IMG_0431.jpg


チェックはいたって簡単です。
使用した電池を機器に「+」と「-」に合わせて計測すれば
すぐにメーターとなって確認することができます。

そうすることによって
前回の山行で使った電池量を知ることができ
次回の参考にすることができます。
また、残量を把握しておくことで山中で電池が無くなって
しまうことも事前に防ぐことに繋がります。

さらに言うと、しっかりと使い切って捨てることが
できるのでお財布にも経済的ですよね♪

ダイソーでこれを見つけた時は、衝撃的でしたw
それ以降は山行前には必ず残量をチェックして持参するようにしています。

恐るべしダイソー、、、侮れませんw

2016年8月14日

「日光国立公園マウンテンランニング」の開催に向けて日光市長へ挨拶

13886886_1152226348182926_4186277615573157936_n.jpg

現在立ち上げ中の、「日光国立公園マウンテンランニング」において
先週、日光市長の元へご挨拶へ行ってきました。

これまで、世界遺産として閉ざされてきた日光の自然でしたが、
今回がアウトドア業界の先駆けとして大きな一歩を踏み出すきっかと
なりそうです。

数名の有志で立ち上がった企画は、
今では日光市を巻き込んだ大きなイベントとして成長し
今後の地域活性に繋げられるのではないかと期待します。


2016年8月 3日

- PETZL新作モデル- アプリ対応のREACTIK+の機能に迫る!!

4726.jpg

今回、アルテリアから新作のREACTIK+(リアクティック プラス)のモデルをお借りして使用感をご紹介したいと思います。

こちらのモデルは以前のTIKKAシリーズの上級モデルであり、スマホと連動して明るさの調整から、バッテリーの消費状況を把握することができます。

これから購入を考えていたり、買い替えを検討中の方はぜひ参考にしてみてください。


REACTIK+(リアクティック プラス)の特徴

Point1スマホアプリと連動して環境に合わせた設定が可能

R0022442.jpg

モデルTikkaRXPでもPCによる設定変更が可能でしたが、REACTIK+(リアクティック プラス)はモバイルアプリを使用して手元での操作が可能となりました。使用方法は簡単で、事前にアプリストアから「PETZL」のアプリケーションをダウンロードし、Bluetoothを通じて繋げます。

アプリケーションの機能では、主に電池の残量や環境に合わせた光量のパターン設定、SOS機能がついています。特に、バッテリー残量・照射時間を視覚的に確認することができる点が新しく、長時間の夜間活動をする人はバッテリー残量を勘に頼る必要がなくなりました。

IMG_0384.jpg


Point2自動的に明るさを調節

8274.jpg

REACTIK+(リアクティック プラス)に搭載された「リアクティブライティングテクノロジー」は、光センサーがその場の状況に合わせて照射する光の強さと形状を瞬時に自動で調節します。スイッチの操作を最小限にし、常に最適な光で照らします。地図や近くの標識を見れば暗くなり、そのまま遠くを見れば瞬時に最大出力で明るく照らします。バッテリーの消耗を抑えるため、長時間の行動も可能です。

また、バッテリー残量が減っても明るさを一定に保った状態で照射してくれる「コンスタントライティングテクノロジー」と言われる機能もついています。

電源はリチャージャーバッテリーを使用しているため持ちがとても良く、USBを使って何度も充電することが可能です。別売の乾電池アダプターを使用すれば従来の電池にも対応しています(リアクティブライティング機能は使用できません)。

R0022455.jpg


Point3:赤色光で緊急シグナルや夜間活動にも最適

R0022446.jpg

一般的なヘットランプというと、白色光だけのものが多く人間の目にとっては明るすぎてしまい、テント内などで使いにくかったりします。

REACTIK+(リアクティック プラス)の赤色光は明るさが白色光に比べて優しいので、パーティ登山のテント内での活動時などにはとても重宝します。また、遭難などの事故にあってしまい夜を過ごさなくてはいけなくなった場合にも、赤色光を点灯させることでSOSサインとして使用することも可能です。


本サイトはこちらから

http://www.alteria.co.jp/headlamp/product/performance/reactik/reactik+.html



REACTIK+の動画説明>


233.jpg
タグ:
PETZL,REACTIK+,アルテリア,ヘットランプ,ペツル,リアクティック,登山

2016年8月 2日

富士登山の山岳整備と環境保全を目指すYOSHIDA TRAIL CLUBをサポート

yoshida-trail-club2.jpg

これからシーズンに突入する富士山の登山ですが、それに合わせて

地元団体のYOSHIDA TRAIL CLUBの方々もお客様をサポートするために活動をしていきます。

さらにHAGLOFSがYOSHIDA TRAIL CLUBの活動や装備面をバックアップする体制となっています。

詳しくはこちら>

YOSHIDA TRAIL CLUBは、ガイド経験豊富でプロフェッショナルな富士登山ガイドが有志で結成した団体です。富士吉田ルートのを中心、登山者の安全、かつ快適な登山ができるよう、山岳整備・環境保全を目指し今期より活動を開始しました。

現場で活動するガイドだからこそできる、経験を元にしたマナーの啓蒙や、登山者の声のフィードバック、また登山者目線での山岳整備や環境保全を行う団体です。


2016年7月25日

1泊2日にオススメなバック!!CREST 36 BP(クレスト36BP)【SALEWA/サレワ】

いよいよ山も本格的に夏山シーズンが始まってきましたね!
frohスタッフも来月の登山に向けて色々と準備をしております。

知り合いが昨日まで北アルプスへ行っていたのを見て
とても羨ましい限りです。

さて、ここで一つご紹介したい商品があります。
サレワから出ているCREST 36 BP(クレスト36BP)です。

このザックは、日帰りから1泊2日の小屋泊に適しております。
特徴としては、バックル部分がしっかりと腰をホールドしてくれて
歩行中のストレスを軽減してくれます。

また、レインカバーも付属しているのでとっさの雨にも
対応してくれるオールラウンダーです。

男女の好みに合わせたように、カラーも分かれており
他の人とは違うザックが欲しい方にはオススメです。

これから、ザック選びで考えている人は是非ご覧になってみてください。

ザックの購入はこちらから>>http://www.frohstore.com/pc/products/2323

360c6eed-c316-473c-b682-aa3169a43d90_6.jpg

654bfb1c-fde7-4b07-abac-26ed145105e9_6.jpg


タグ:
CREST 36 BP,SALEWA,サレワ

2016年7月 8日

世界遺産の日光でマウンテンランニングを開催

スクリーンショット-2016-07-08-9.01.55.jpg
 
今年は日光開山から1250年の節目で、その記念事業としてマウンテンランニングが開催されます。日光で山の中で走る大会としては初の試みであり、多くの方の参加が予想されます。

募集開始は7月中旬から開始とのことです。
詳しくは公式ホームページをご確認ください。

◼大会名◼

日光マウンテンランニング Nikko Mountain Running

 

◼開催場所◼

日光市

 

◼開催日◼

2016年11月13日(日)

 

◼募集定員◼

400名

 

◼参加資格◼

高校生以上の健康な男女(高校生は保護者同意が必要)

 

◼参加費◼

7000円

 

◼ 表彰対象◼

男子総合 1〜6位

女子総合 1〜6位

 

◼制限時間・関門◼

コース距離 32km

第一関門(A1) 大江戸温泉 

第二関門(A2) 大山付近  

第三関門(A3) 霧降高原

 

◼スケジュール◼

2016年11月12日(土)

15:00 受付開始 

18:00 参加者受付終了

2016年11月13日(日) 32K 

4:00 受付開始 

6:00 参加者受付終了

6:30 集合

8:00 スタート

15:00 表彰式

17:00 フィニッシュ制限時間

17:30 閉会

 

◼アクセス◼

詳細は交通案内のページをご確認ください。

 

◼前日(当日)選手送迎に関して◼

特に送迎は行いませんので各自で集合お願い致します。

 

◼募集期間◼

7月〜9月  ランネットエントリー期間

7月〜10月 チラシからのエントリー期間

 

◼主催◼

日光トレイルランニング実行委員会

◼特別後援◼

二荒山神社、輪王寺、日光東照宮

◼後援◼

日光市、日光商工会議所、アメアスポーツジャパン株式会社、株式会社fika

 

◼競技要項について◼

当日会場受付にてパンフレットをお渡しいたします。

◼競技内容・装備に関して◼

・定められた山岳コースのタイムレース方式とします。(所要時間の少ないものから順位を決定します。)

・レースでは関門(A1,A2,A3)に制限時間を設けます。これをこえた競技者は、レースを中止し役員の指示に従ってください。

・レース参加者は、[ドリンク1L以上、行動食、携帯用コップ、雨具(上下)、ライト&予備電池、携帯トイレ、サバイバルシート、救急セット(ガーゼ、消毒液、熊鈴、保険書、ホイッスル、絆創膏など)]を必要装備品としてご準備ください。その他本人が必要とする装備品は制限いたしません。

・ストック、ポールの使用は禁止といたします。 出走前に必要装備のチェックを行います。また、競技中にも任意で装備チェックをさせて頂く事があります。 その際に上記装備の携帯のない選手は失格となりますのでご注意ください。

 

◼失格事項◼

以下の競技者は失格とします。

・大会参加中にゴミを投棄したり、指定コース外に立ち入るなど、自然環境保全に違反する行為があった競技者

・審判および役員の指示に従わなかった競技者

・規定の時間をこえて関門に到着した競技者および最終制限時間をこえた競技者

・年齢性別の虚偽申告をした競技者および申込者本人以外が出場(不正出走)した競技者

・レースナンバー(計測機器)を装着しなかった競技者 ・必要装備品を携帯しなかった選手

・ その他不正行為およびマナー違反があった競技者(選手マーシャルからの申告含む)

 

◼その他注意事項・ご案内・規約◼

・ 受付は11月12日(土)、13(日)です。

・登山道の保護および参加者と一般登山者の安全確保のため、追越禁止等の制限区間を設けることがあります。また、競技中は、一般登山者と激突・接触することがないように十分注意をして走行してください。

・ ゴミは必ず各自持ち帰ってください。

・コース上には、必要最少限の矢印表示等を設置してあります。

・記録計測は計測チップを使用します。誤って紛失・破損をされた場合実費をご請求させていただく場合がございますのでご注意ください。

・参加希望者は、気象条件、コース条件および自然環境保全に配慮した制約・条件があることを理解した上でお申し込みください。

・環境保全のため、犬等のペット同伴での参加はできません。

・各自において、健康管理には十分注意し、事前の医師の健康診断を受診し、当日は万全の体調で参加してください。なお、参加者は、大会当日に必ず健康保険証(コピー可)を持参してください。

・競技続行が不可能と判断された選手は、役員が競技を中止させる事があります。

・レース中の事故については、応急処置のみ行いますが、それ以外の責任を負いません。各自十分注意してください。

・標高差のある山岳レースのため、悪天候等により大会開催が困難であると主催者が判断した場合、大会コースの直前の変更、競技中であっても急な天候悪化(地震・風水害・降雪・事件・事故等)による中止、開催そのものを中止することがあります。その際の返金はいたしませんので予めご了承下さい。 また、事前の天気予報により明らかな大会開催困難な場合には公式HP、又は公式facebook等にて随時更新していきますので参加希望者ご自身でのご確認をお願いします。

・実行委員会が全ての事項を監視することは不可能なので、参加選手からの報告も失格事項に値する場合には申告制度を適用します。

・お荷物については役員の指示に従い所定の場所をご利用ください。ただし、貴重品及び壊れ物については各自管理してください。主催者は紛失の責任は負いません。 

・大会出場中の映像、写真、記事、テレビ、新聞、雑誌、インターネット等への掲載権は主催者に属します。

・ その他開催にあたり連絡事項等は随時、公式HP、又は公式facebook等にて更新していきますので参加希望者ご自身でのご確認をお願いします。


タグ:
トレラン,マウンテンランニング,日光

2016年7月 8日

「SUUNTO SPARTAN(スント スパルタン)シリーズ」を発表

スクリーンショット-2016-07-08-7.28.11.jpg


アメア スポーツ ジャパン株式会社 SUUNTO(スント)では、

ブランド初となるカラー液晶画面やタッチパネルを搭載した

アスリートのパフォーマンスアップのための次世代GPSウォッチコレクション

「SUUNTO SPARTAN(スント スパルタン)シリーズ」を発表いたします


シリーズのフラッグシップモデルである「SUUNTO SPARTAN ULTRA(スント スパルタ

ン ウルトラ)」を

8月25日(木)に、薄型モデルの「SUUNTO SPARTAN SPORT(スント スパルタン ス

ポーツ)」を

9月28日(水)より、全国のスント正規取扱店舗にて発売いたします。


公式ホームページ↓

https://www.suunto.com/ja-JP/



タグ:
SUUNTO SPARTAN,スパルタン,スント

2016年6月27日

山で使える歯磨き粉"kurumu"

みなさんこんにちは
Froh編集部の佐々木です。

今回はkurumuの歯磨き粉についてご紹介します。
これまで歯磨き粉というと山を汚してしまうのではないかといった
イメージが強く、使用するのに躊躇していましたが
kurumuから出している歯磨き粉は粘土でできているため、
自然100%で環境にも良いので安心して使うことができました。

122.jpg


特徴としては、無味臭で泡が立たないのでしっかりと磨くことができ、
仕上がりも歯がツルツルとしています。これは、粘土のきめ細やかさで歯を包みながら磨いているので、普段の歯磨き粉にはない経験でした。

先週は富山県にある室堂という場所に山登りへ行ってきたのですが、
その際もkurumuの歯磨き粉を使用してきました。水が少量でもしっかりと
歯磨きできるのはとても山に向いていると思います。


1333.jpg

山の中での衛生管理は、とても重要で虫歯にもなったものなら
登山どころではありません。以前僕も冬山に1週間ほど入っていたのですが、虫歯になって後悔をしたことがあったので、これからは欠かさず歯磨きを山でもしっかりとしていきたいと思います。

KURUMUの公式サイトはこちらから

1.jpg


全54件 ページ:
1  2  3  4  5  6  

このページの上へ